証券会社で定期預金

これまで定期預金でしか運用していない人

給料の使い道は人それぞれですが、全てを使い切るのは良くないでしょう。今の生活にもお金入りますが、将来にもっとお金がいるようになるかもしれません。子供の教育費や老後資金のために、何らかの方法で貯蓄をしておいた方が良いでしょう。貯蓄の方法は様々ですが、日本人に人気があるのが定期預金です。あまり増えませんが、元本保証があるので減る可能性がありません。実は個人型確定拠出年金において、証券会社で口座を作ったときでも定期預金を運用商品として選べます。一般口座にはありませんが、イデコ用商品として銀行と提携をして利用できるようにしてくれています。これまで定期預金以外で貯蓄をしていないなら、無理せず定期預金で積み立てると良いでしょう。

60歳に近づいてきたら定期預金に移す

個人型確定拠出年金は、自分で拠出をして自分で資産の運用をします。そして運用した資産を元に年金の給付が受けられます。銀行と証券会社が選べますが、増やすための商品が充実しているのは証券会社かもしれません。上手く運用できればどんどん増やせて老後が楽になるでしょう。ただ60歳に近づいてきたときは注意も必要です。相場が急変して資産が大きく減る可能性があるからです。そこで利用したいのが証券会社で用意されている定期預金です。元本確保型商品として用意されているので、投資信託などから移しておくと良いかもしれません。定期預金なら相場が大きく変化しても資産は減りません。相場は急に動くので、下がり始めてからではなく、50歳ぐらいから徐々に定期預金に移すようにしましょう。